注意すべきこと

賃貸併用住宅の注意点

賃貸併用住宅というのは、大家さんの自宅のスペースに賃貸物件のスペースもありますので、管理が楽だということがあるでしょう。 しかし、居住者の人との生活をしっかりと分けるということが難しい場合もありますので、かえって賃貸併用住宅の方が管理が大変だということもあります。近くに住んでいるので、入居者も困ったことがあったらすぐに大家のところに行くということもあるかもしれません。 こういったことが困るというのならば、賃貸併用住宅の管理をしてくれる会社に頼むということも必要になってくるといえるでしょう。入居者とはある程度の距離をおいて生活していくことができますし、不動産経営が初めてだという場合も安心感があるといえます。

何十年後という長期間を見据える

賃貸併用住宅は、新築で建てるということも多いといえます。家賃収入が入ってくるので、ローンも返却しやすいですが、入居者がこないときはどうするかを考えておきましょう。また、新築で建てた時点ではすぐに入居者があらわれたけれど、築年数が経つにつれて入居者があらわれないということも起こり得ます。そのときのローン返却分の金額はどのようにしていくかということも、建てる前にシミュレーションしておきましょう。 また、築年数が経つにつれて、リフォームなどの必要性も出てきます。何十年も先のことを考えて資金計画を立てておくと、長い間賃貸経営をしていても安心かもしれません。 家賃保証などを利用するならば、このときも何十年後かはどうなるのかということを合わせて考えていくといいです。