クオリティで判断しよう

再生マーク

料金に差がある

インターネットの通信速度が格段に良くなったことにより、動画の価値はぐんと上がりました。個人の娯楽から、企業の告知まで、様々なシーンで動画が使われています。それに伴い、あらゆる動画制作ソフトというのも開発され、一昔前はテレビ局でないと作れなかったようなハイクオリティのものが、簡単に制作できるようになっています。市場が広がっているということは、それだけビジネスチャンスが転がっているということです。動画制作会社はその数を増しながら、切磋琢磨の競争を繰り返しています。動画の素材とパソコン、ソフトを使いこなす技術さえあれば制作が可能なものですので、サービスを提供する側の料金の相場にも差があります。単純に動画を切り貼りをし、簡単な字幕を付ける程度の編集であれば、5分程度のもので1万円以内のところも存在します。一方、様々なエフェクトを使い、CGなどを駆使して映画のような本格的なものを作ろうとするのであれば15秒程度でも5万円以上が相場という場合もあります。動画制作の際に、まず相場を調べる必要がありますが、どの程度のクオリティを求めているのかを把握しておく必要があります。また、注意しておきたい点としては、動画に音楽やナレーションを付ける場合です。撮った動画の編集のみの相場で見積もりを出してしまうと、思わぬオプション料金が掛かって予定よりコストがかかってしまうかもしれません。動画制作会社によってはナレーションを外部に発注するところもあります。コストを抑えたいのであれば、自分で用意できるものはできるだけ揃えるという心得が必要になるでしょう。

Copyright© 2018 今までの広告とは違う!効果的な広告制作は京都の制作会社におまかせ All Rights Reserved.