住宅の選び方

時代の変化に見られる一戸建て住宅への影響

一戸建て住宅を買い求める人は多くいますが、その世代ごとに求める変化が出てきています。一戸建て住宅を買う世代で一番多いのが、30〜40代の働き盛りの世代です。この世代は家庭を持った人が特に多く、将来を考えた選択となります。そして50〜60代のシニアの人には住み替えが多く、最近ではマンションが人気となっています。交通機関に不自由することなく、エレベーター付きで室内でも階段を使わないことが魅力のようです。それにともなって、一戸建てでも平屋建て住宅が昔と比べて増加してきました。これも階段がないので、昇り降りをする苦労もありません。子供たちも独立して、夫婦2人で1つのフロアをのびのびと使っていけることが、大きなメリットとなっています。こういった老後のことも考えた生活スタイルが、一戸建て住宅にも大きな変化をもたらしているのです。

生活スタイルの変化に対応できる住まい

この一戸建て住宅を選んでいく際には、長い目で見た生活スタイルの変化を考えていくことも大切です。先ほどの平屋建て住宅もそうですが、家族の成長とともに住まいの形も便利なものが求められます。最初から最後まで完璧な住まいとはいかないかもしれませんが、ある程度の見通しが付いたスタイルを考えておきましょう。 例えば、駐車場や庭などの敷地も影響してきます。後から増設することも可能ですが、最初から余裕を持っておくのも手間がかかりません。高齢者がいる家庭では、バリアフリーを活かした間取りであることも大切です。住みやすい環境であることをまず条件として、将来のことも考えていくようにします。 長いお付き合いとなる一戸建て住宅ですが、変化に対応できる環境が求められる時代となっています。