分譲住宅の種類と価格

分譲住宅にはどのようなものがあるのか

戸建ての分譲住宅には幾つかの種類があります。基本的には建売りといって、すでに完成している戸建ての住宅を分譲するものがあります。その特徴としては、一般的に住みやすいと思われる間取りや内装で設計され、なおかつ材料費をコスト削減することで安く建てることができる点にあります。そのために、分譲価格も比較的安めとなります。 また、住宅設計といって建設の前に分譲されることにより、幾つかの間取りバターンから設計を選ぶことができるものがあります。また内装もある程度選択することができるので、住みやすい家とすることが可能となります。費用も建売りと比べてそれほど高くなることがないので、人気のある分譲住宅のタイプとなります。

販売価格の傾向について

分譲住宅の価格には、ある傾向が見られます。それはローコスト化が進んでいるということです。これは地球環境に配慮した住宅の普及を目指す政府主導という側面もありますが、できる限り多くの人に手に入れることができるようにとの配慮もあります。どのタイプの分譲住宅にしても、コストカットにより分譲価格を抑える傾向があるのです。 まずは材料となる健在や建具の仕入れを、種類を限定することで仕入れ値を下げることが挙げられます。そして建売りの分譲住宅の場合には幾つかの設計パターンを使い回すことによって、設計費も抑えることになります。自由設計の場合にも、選択できる建材などを限定することで仕入れ値を抑えることができるようになるのです。